飲食店の集客率を上げるためにするべきこととは?事例を紹介!

飲食店の集客率を上げるためにするべきこと

「コロナ禍の集客はどうすれば良い?」

「今後、飲食店の集客はどのようにしていくべき?」

飲食店を経営し集客に頭を悩ませている方の中には、このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では

・飲食店の集客方法

・LINE公式アカウントを活用した事例

について詳しく解説していきます。

新型コロナウイルスの感染拡大による自粛ムードもあり、飲食店を経営する皆さんは頭を悩ませた年だったのではないでしょうか。この記事が「飲食店の集客に困っている」というお悩みを抱えている方の参考になれば幸いです!

DMMチャットブーストfor店舗

集客の意味

「集客」とは、文字通り自社が提供するサービスにお客様を集めることです。

集客はビジネスの基本です。人の集まらないところにお金は動きません。

集客と聞くと新規顧客のためのマーケティング活動だと思われがちですが、新規顧客に限った内容ではありません。集客を始めるにあたり、お客様は以下の5つのセグメントに分類できます。

・ロイヤル顧客(購買頻度が高い)

・一般顧客(購買頻度が平均的)

・離反顧客(過去に購買経験あるが、現在購買なし)

・認知顧客(認知はあるが、購買経験なし)

・未認知顧客(認知なし)

お客様を上記の5つにセグメント分類し、それぞれのセグメントに合わせたアプローチをする必要があります。また各セグメントの中でも「年齢」「性別」「年収」といったように、さらに細分化することで、より効果のある集客を行うことができます。

以降は飲食店の集客方法の種類や事例を紹介していきます。自分たちの店にはどの方法が適しているのか、イメージしながら読んでいただけると幸いです。

飲食店の集客方法は何がある?

飲食店の集客方法は多く存在します。それぞれに変わったアプローチがあるため、どの集客方法が自社に合っているか判断し、効果的に実施していくことが何よりも重要です。

今回は代表的な集客方法を7つ紹介いたします。

看板

看板で集客する場合、ターゲットは地域の住民となります。

日常の中でよく目にする看板は、インターネットが普及した現在でもとても有効な手段です。しかし、ただ設置すれば良いという問題ではなく2つ注意する点があります。

  1. 看板を設置する目的の明確化
  2. 訴えたいポイントの明確化

看板を設置する目的の明確化

一言に看板といっても、屋上看板や壁面看板といったように様々な種類の看板が存在します。各看板の特性に合わせて選択する必要があるため、目的の明確化は必須項目です。

訴えたいポイントの明確化

看板設置をする上で一番大事なのが、一目でどのようなお店かわかるようにすることです。ターゲットは車や自転車、徒歩など移動しながら看板を目にするため看板を見る時間は長くても数秒間です。

そのため一目で理解できるようにする必要があります。伝えたい情報を多く盛り込んでしまうと逆効果です。視認性を高め「伝わる」看板を制作することが重要です。

チラシ

チラシも看板と同様に、ターゲットは地域の住民となります。方法は様々で、店頭や駅周辺での配布、新聞に折り込み、ポスティングといったように様々なアプローチを行うことができます。

チラシの主なメリットは以下の3つです。

  1. 新規顧客の獲得
  2. リピーター獲得
  3. 保存性が高い

特に3つ目の保存性に関しては、チラシの大きな特徴です。

一度手に取ってもらえれば、ゴミに出さない限り手元にあるため比較的目にする時間が長い点が特徴です。後述するオンラインでの集客との大きな違いといえるでしょう。

サイト

飲食店のサイトといえば、ぐるなび、食べログ、ホットペッパーグルメなどが挙げられます。

掲載料はかかりますが、お客様の目に触れる機会が多いグルメサイトでの集客は新規顧客の獲得に向いています。しかし、以前に比べて利用者の減少や掲載料などの理由から、飲食店のサイト離れが起きています。

アプリ

サイトと同様、ぐるなびや食べログなどのアプリもありますが、Uber Eatsや出前館などのデリバリーサービスのアプリが最近の流行です。

特に2020年以降はコロナウイルスによる外出自粛の影響でフードデリバリーの需要が拡大しました。

Uber Eatsや出前館では配達員を飲食店側で雇う必要がないため、多くの人に効率的に料理を届けることができ、コストを抑えた新規顧客の獲得が期待できます。

SNS

飲食店を経営しているなら、SNSの活用は必須ともいえるでしょう。

メリットとしては以下の4つが挙げられます。

  1. 無料で始められる
  2. お客様との交流ができる
  3. 拡散力が強い
  4. ファンを作りやすい

主な媒体としては、Instagram、Twitter、Facebook、最近ではYouTubeを活用している飲食店もあります。しかしこちらも媒体によって特性があるので、最初は目的に応じて始めるとよいでしょう。

SNSの雰囲気が、そのままお客様のイメージに直結するため注意が必要です。また拡散力が強いため炎上なども起きやすい傾向があります。多くのお客様の目に触れるSNSでは充分に注意を払って運営しましょう。

メルマガ

メルマガは飲食店側がお客様に直接メールでアプローチできる、とても有効な集客方法です。メルマガは、お客様自身に配信を希望してもらうため、新規顧客の獲得は難しいですが、リピーターの獲得に適しています。

新規顧客獲得にかかるコストは、リピーターの獲得にかかるコストの5倍といわれています。メルマガを活用してリピーター獲得のコストを抑え、効率的に新規顧客の集客を行いましょう。

LINE公式

最後はLINE公式アカウントです。

飲食店を経営されている方にLINE公式アカウントの運用を強くオススメします!

ここではLINE公式アカウントのメリットを3つ紹介します。

ユーザー数の多さ

LINEユーザーは日本国内で8,800万人を超えており、この数値は日本の人口の約7割以上に相当します。また年齢層も幅広く、10代から50代の80%以上がLINEを活用し、60代も52.8%が利用しています。

ユーザーに情報が届きやすい

LINE公式アカウントからのメッセージ配信は、ユーザーに届きやすく開封率が高いことが特徴です。

業界によって数値は異なりますが、メルマガの開封率が10%なのに対して、LINEの開封率は60%を超えるとされています。

その理由として

・迷惑メールに振り分けられない

・プッシュ通知でメッセージが届く

などが挙げられます。

リピーター獲得に適している

LINE公式アカウントは「友達追加」をしてくれたお客様にのみ配信できるようになっています。そのため、店舗に興味や関心がある層が集まります。

またクーポン機能やショップカード機能をつかってリピーターの育成を行えます

さらに最近ではデリバリーのPRに活用されることも多く、飲食店側は少ない従業員数でも効率的に注文を受けられ、お客様はLINEから気軽に注文できることから需要が高まっています。

【飲食店集客の事例】LINE公式アカウントを活用

ここからは実際にLINE公式アカウントの活用事例を紹介したいと思います。

|焼肉 シンラガーデン

引用:linebiz.com

埼玉県川越市で2店舗を展開する「シンラガーデン」は、LINE公式アカウントで発信したメッセージを経由し、1ヶ月で約5,000個の焼肉弁当を販売することに成功しました。

2020年4月に店舗の営業自粛を決断し、同年5月末までの約2か月間のテイクアウト・デリバリーサービスのみに切り替えました。

アカウントの開設以降、地道に増やしてきた友だちは、2020年8月末時点で約9700人。売り上げは前年同月比の店舗売上と比較して121%を記録。1ヶ月で約5,000個の焼肉弁当を販売し、店舗休業による売上ダウンをカバーすることができました。

熊本ラーメン 黒帝

引用:linebiz.com

熊本県内に4店舗を展開するラーメン店「黒亭」は、店舗とECショップ別々にLINE公式アカウントを開設して集客や販売促進に活用しています。

お客様にとってメリットのある、イベント情報やクーポンの配布だけでなく、自社のブランドイメージを伝えるコンテンツをLINE公式アカウントのメッセージ機能で配信しています。

また2019年末からLINE広告をスタートし、月2〜3万円ほどの予算で運用を続けた結果、約500名だった友達は2020年8月時点で、約3,700名と7倍以上に増加しました。

ビアパブ THE CLUB

引用:linebiz.com

東京都渋谷区の代々木上原にあるビアパブ「THE GRUB」は、2020年4月、LINE公式を活用したお客様とのコミュニケーションをスタートさせました。

新型コロナウイルスの感染拡大による自粛ムードを受け「お客様とのコミュニケーションが取りづらい時期」と感じた店長の内野さんは、お客様にとって身近なツールであるLINEに注目。

LINE公式の機能である、メッセージ機能やショップカードを活用し、紙のショップカードを制作していた時に比べ、材料費や人件費などの運用コストを約5%カットすることにつながりました。

飲食店の集客を上げるならDMMチャットブーストfor店舗がおすすめ

この記事では、飲食店の集客について詳しく説明してきました。

記事の内容にもあったように、飲食店の集客を上げる方法としてLINE公式アカウントの活用が効果的です。

そこでおすすめなのが「DMMチャットブーストfor店舗」です!

「DMMチャットブーストfor店舗」 はLINE公式の拡張機能ツールであり、導入することによりリピート率を上げたり、業務を効率化させたりなど売上を上げるための様々な機能が使えるようになります!

気になる方は14日間無料でお試しください。

DMMチャットブーストfor店舗