リアル店舗はネット通販に負ける?今後のリアル店舗のあり方

今後のリアル店舗のあり方

「コロナ禍で売り上げを伸ばしたい」

「今後リアル店舗はもうだめなのか?」

コロナ禍でリアル店舗の売り上げが伸び悩んでいる経営者の方で、このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、

・リアル店舗がネット通販に負けないためにするべきこと

・リアル店舗がコロナ禍にするべきこと


について詳しく解説していきます。さらに、リアル店舗でしか出せない強みその強みを活かした具体的な施策についても言及するのでぜひ最後までご覧ください。

この記事が「リアル店舗の今後について不安だ」というお悩みを抱えた方の参考になれば幸いです!

DMMチャットブーストfor店舗

リアル店舗がネット通販に負けないためにするべき4つのこと

近年はリアル店舗を構えるよりもネットビジネスから事業をスタートする人も多いです。

そんな中、リアル店舗がネットショップに勝つためには、何をするべきなのかを解説していきます。

リアル店舗がネット通販に負けないためにするべきことは、次の4つです。

  1. 専門性に特化する
  2. サービスを充実させる
  3. オンラインイベントを開く
  4. ツールを活用する

リアル店舗にはリアル店舗でしか出せない強みが必ずあります。これから以上の4つについて解説します。

専門分野に特化する

1つ目は専門分野に特化することです。そのカテゴリの中で自分が特に尖れる分野を見つけることが結果的に多くのお客様に注目してもらうことができます。

例えば、東京の浅草にある料理道具店の老舗「飯田店」は「”ふわっふわ”の大根おろし金が見つかるお店」として世間から注目されテレビ番組でも紹介されました。

このように、道具専門店の中でもおろし金という分野に特化して勝負することができます。

相模原にある「左利き専門のグッズコーナー」を展開している文房具店「菊屋浦上商事」も、その珍しさと需要の高さから大きな反響を呼び、たびたびテレビや雑誌で取り上げられています。

専門分野に突出することは、利用者が減ると思われがちですが、しっかりと発信していくことで唯一無二の店舗を作ることが可能です。

サービスを充実させ、五感を刺激する

2つ目はサービスを充実させ、五感を刺激することです。

人の記憶に残るには最低でも五感の中の2つを刺激する必要があると言われています。お客様に五感で商品を感じとってもらえることはリアル店舗がオンラインショップより大きく優れている点です。

スターバックスでは、リアル店舗をお客様のサードプレイス(家、職場の次に居心地が良い空間)と定義し、店内の雰囲気、コーヒーの香ばしい香り、豊富なカスタマイズによる新しい味、心地いいBGMなど環境作りを徹底して行っています。

これが顧客体験に繋がり、お客様の期待を超えるサービスを提供することでファン顧客を増やしていくのです。

イベントを開催する

3つ目はイベントを開催することです。

人との交流の機会を提供してファンになってもらうこともリアル店舗が行う施策の一つとして有効です。

近隣のリアル店舗を巻き込みイベントを開催すれば、身近なコミュニティからファンを増やすのと同時に、地域の活性化にも繋がります。町全体の雰囲気が明るくなれば、消費者はそれを感じ取り、SNSなどで嬉しい体験をクチコミとして投稿します。

単にモノを売るだけの店舗から、町の看板店舗として認知されるように定期的なイベントを開催しましょう。

ITツールを活用する

実店舗でお店を経営する場合でも、ITツールの活用は必須です。

 

どのタイプの店舗運営にも必要な、顧客管理やメッセージ配信などができるLINE公式アカウントがおすすめです。LINE公式アカウントはBtoCの全ての事業者にとって頼もしいパートナーとなります。

LINEは2021年時点での日本人の使用率70%、8,900万人が利用するSNSです(2021年4月1日時点)。メッセージ開封率はメールの6倍ほどあるため、店舗の大小に関係なく今一番注目されているマーケティング手法として確立されました。

LINE公式アカウントの活用事例

東京にあるスタッフ5名ほどのカフェ&バーを経営する店舗では、新規顧客・リピーターを増やすことと、MEO(Google Mapの上位表示)を目指しLINE公式アカウントを導入しました。

その悩みを解決するために公式LINEを使い、2点の施策を実施。

1.お友達登録してくれた方にクチコミ依頼をし、MEOを活性化(お礼にドリンク1杯サービス)

2.公式LINEのリッチメニュー内に「友達に共有」ボタンを設置し、お客様のLINEともだちに拡散、紹介した側・された側にクーポンを付与することで新規とリピーターを獲得

この施策を実施したことでMEO、顧客数が改善され、注目される店舗になりました。

このように、実店舗を経営する場合は、LINE公式アカウント活用がおすすめです。

飲食店以外にも、

  • 美容室、サロン
  • 病院、クリニック
  • ホテル、旅館
  • 人材、採用
  • 不動産
  • 保険
  • 学習塾
  • ウェディング

など、BtoCの企業であれば公式LINEを活用しましょう。

コロナ禍におけるリアル店舗の在り方

2020年に入ってから、新型コロナウイルス感染症によって、店舗事業者は大きな影響を受けています。

コロナウイルスによって消費者は「なるべく人と接触したくない」「ものに触れたくない」「外出したくない」といった心理状態が生まれやすくなり、リアル店舗での購入よりもオンラインでの購入が好まれる傾向にあります。

そのため、店舗事業者は「人件費の削減」や「店舗の縮小化」などの対策をせざるをえません。

そんな中、今後リアル店舗がコロナ禍で生き残っていくために必要なことは何でしょうか。

リアル店舗がコロナ禍にするべき4つのこと

リアル店舗には、対人コミュニケーションが可能であるというネットショップにはない強みがあります。その繋がりを最大化するためにリアル店舗が意識したい4つのポイントは

  1. OMOを意識する
  2. EXを高める
  3. 感染予防を””伝える””
  4. ITツールの活用

です。順番に解説していきます。

OMOを意識する

1つ目はOMO(Online Merges with Offline)を意識することです。OMOとは、リアル店舗とオンラインショップの両方を活用することを意味します

なぜOMOが大事かというと、お客様のカスタマージャーニーを考えた際、ひとりひとりに異なる接触ポイントから購入を促せるようになるからです。

例えば、認知、検討段階とってみても、リアル店舗とオンラインでは以下の接触ポイントがあります。

リアル店舗

認知

・POP

・店頭販促

検討

・五感体験

・接客

・割引

オンライン

認知

・SNS

・広告

 

検討

・口コミ

・比較サイト

・検索

「オンラインの広告を見て、リアル店舗に足を運び購入すること」や「リアル店舗で見かけた商品をたまたまオンラインで見かけて購入する」など、複数の接触ポイントをもつことで購買に繋がりやすくなります。

EX(Employee Experience)を高める

2つ目に意識したいのはEXを高めるということです。EXとは従業員体験のこと。

顧客体験を意味するCXと対で使われることが多いですが、顧客体験と同じくらい従業員体験は大切です。

なぜなら、事業者側で実際にお客様と接するのは従業員や現場のスタッフだからです。

従業員が働きやすい環境を整備すれば、お客様へのサービスが向上し、結果的に顧客満足度が高まる。

顧客満足度が高まれば、継続して利用してもらえ、評価やロイヤルティが向上し、最終的に企業の利益にもつながります。

企業に利益が入ってくればまた働きやすい環境を整えることができるという好循環を生み出せる仕組みです。

従業員のモチベーションが健康的に保たれているか常に確認するよう心がけましょう。

感染予防を””伝える””

消費者として、コロナウイルスの感染対策がされているかは気になるポイント。

多くの企業やリアル店舗が感染対策をしていることをしっかり「伝える」ことが大事です。

感染対策が徹底されていることで、他店との差別化ポイントにもつながります。

SNSや店頭などのお客様との接触ポイントで「お客様の健康のため、1時間に1回店内商品を消毒しています」など積極的に伝えていきましょう。

リアル店舗を始めるなら、DMMチャットブーストfor店舗がおすすめ。

ネット通販が主流になってきたことやコロナ禍ということもあり、今の時代リアル店舗を成功させるのは難易度が高くなってきています。

リアル店舗経営を成功させるためにまずできることは、ITツールの活用です。

おすすめなのが、LINE公式の拡張機能ツールである「DMMチャットブーストfor店舗」です。

DMMチャットブーストfor店舗を使えば、「問い合わせを効率化」「LINEで顧客管理」「配信を自動化」など、店舗運営を助ける様々な機能が充実しています!

より飛躍的な業務効率化を目指したい方は、DMMチャットブーストfor店舗をぜひ活用してみてください。

DMMチャットブーストfor店舗